エステでよく使われるセルライトとは

セルライトはエステの世界でよく使われている言葉です。あまり一般の人には聞きなれない言葉かもしれません。水着の女性の後ろ姿を見たとき、ももの肉が波打っているようにボコボコしているときがありませんか。セルライトとは脂肪の老化した部分であり、太ももなどにボコボコの状態で存在しています。エステで使われたことが始まりのセルライトという言葉は、細胞と鉱物という2つの英単語からきています。医療の現場ではセルライトという言葉はなく、脂肪もセルライトもどちらも脂肪として扱われます。美容を専門に独自に研究しているエステの世界では、体にある皮下脂肪の中でもより固まって、表面に様子がわかるように出ているものをセルライトと名づけています。見た目の悪さから、積極的にセルライトを取り除くことをすすめています。エステでは、冷え性などが原因で血流が滞ることで、皮下脂肪の一部がセルライトになるといわれています。セルライトは元々は皮下脂肪であり、代謝の低下などで徐々に固くなったものだといいます。セルライトとして固まると、マッサージや運動で代謝をさせることが困難です。エステなどで専門的な機械を使ったり、徹底したマッサージで揉みほぐさなければセルライトは解消しないそうです。皮下脂肪のセルライト対策に着手するなら、エステで話を聞いてみるといいでしょう。

関連記事

このページの先頭へ