リバウンドしない減量のヒント

リバウンドなしの減量を目指すのであれば、食事量を減らすことと並行して、適度な運動をすることです。運動をすることによって筋肉を増強し、新陳代謝の高い体になることで、リバウンドのしづらい減量をすることが可能です。たとえ布団に横になっていても、人間の体は生きていくためのエネルギーを燃やしています。このエネルギーを基礎代謝といい、人によって違います。基礎代謝は筋肉量に比例する為、普段から運動をしている人は、運動不足の人に比べて基礎代謝が高くなる傾向があります。減量する時には運動も合わせて実践することで基礎代謝が上がり、より痩せやすい体になると言う事です。一週間に1、2回は30分の有酸素運動を行う習慣づけをすることによって、毎日体を動かさずとも、一定の効果は期待できます。減量のために食事量を減らす時には、体に必要な栄養素は確保していること、摂取カロリーを減らすだけでなく適度な運動で消費カロリーを増やすことでリバウンドを防ぐよう心がけます。カロリー量を減らそうとするとたんぱく質を避けがちですが、大豆やささみで適度なたんぱく質を摂取することは重要です。減量時にたんぱく質が必要になるかというと、基礎代謝を上げる為に筋肉量を増やすには、たんぱく質が必要になるからです。減量の際のリバウンド対策には、ストレスを蓄積されない工夫も重要です。ストレスは満腹中枢を働きにくくし、過食傾向を促進するため、リバウンドが起きやすい体質を作ってしまいがちです。ストレスを上手に発散することもリバウンドしない減量には大切なことです。

関連記事

このページの先頭へ