下半身太りには骨盤ダイエットがおすすめ

ダイエットをしたい人の悩みで多いのが下半身太りです。長く続けられるダイエットを目指して、適度な運動を行ったり、カロリー量を考えた食事を摂取したりという人がいます。ところがダイエットで体重は落ちるけど下半身だけはなかなか痩せないという悩みをよく聞きます。骨盤に歪みが生じているために、食事や運動を改善してもダイエット効果が現れないという人もいます。骨盤のゆがみは、足を組んで座ったり、ヒールの高い靴で長時間まちがった歩き方で歩いたり、日常生活や生活習慣で少しずつ開いてしまうのが原因で起こります。出産は骨盤を押し広げて行われるので、子どもを産んだことで骨盤が緩みやすくなった人もいます。骨盤の開きは内臓を下げる影響もあります。いくらダイエットをしても体重が減らない場合、骨盤の歪みで下半身の代謝が落ちてしまっている可能性があります。骨盤の開きが気になる人は、ごく手軽な方法で知ることが可能です。背中を床に合わせる形で、天井を見て寝転がります。かかとを両足とも床に触れさせてほっと力を抜いてみましょう。足の開きが違っていれば黄信号です。また、足の付け根が腰骨より出ているならば、骨盤の開きを警戒しましょう。骨盤を矯正することでダイエットの可能性があるなら、ぜひ取り組んでみてください。下半身を集中的に痩せたい人に向いているダイエットで、骨盤体操や骨盤矯正ベルトなどのダイエット法があるようです。

関連記事

このページの先頭へ